チーム「孤狼会」航海日誌

オンラインRPG「PSO2」のship8ウィンで活動している零細チームの活動日記です。

孤影一人

やぁ、友よ。今日もまた悲しい知らせだ。
気がついてみたら、唯一残ったチムメンが無言で退団していた。
まぁ、無言退団が悪いとは言わんが、心情的には一言あっても良かったろうにと思わなくもない。
別に無理言って引き止めるなど野暮な事をする気は、こちらには更々無いのだし。

まぁ、名前がいかんのかな。「孤狼会」一匹狼達の集まりを目的としたチームであるし。
ここで潔くチームを解散!としても良いのだが、まぁいい。自分だけのチームが有ってもいいではないか。
チームポイントを稼ぎ、地道に育てていく我だけのチーム。
無論、来るものは拒みはしないが。

さて、どう育てていこうかと心踊らせながら、今日は筆を置くとしよう。

来る者去りゆく者

やぁ、友よ。今日も元気にぷそってるかーい!?
……とまぁ、のっけからテンション高めだが良い事と痛ましいことがあってな。

まず、更に一人の入団者が現れた事。うむ、人が増えるのは良いことである。
ただ、同時に先に入団した人物が去ってしまった事は遺憾に思う。
一言フレンド登録までしたのだから、別れの言葉一言でもあってよかったろうに。
まぁ、私が入団してからすぐコモンメンバーに任命してなかったのも一因ではあろうが。

入団者がいたらすぐチェック。メンバー任命を忘れずに。
後、去る時には一言挨拶を。無言出入り自由のチームもあるが、挨拶は大切な事なのだから。

これは実社会においても、人間関係を維持するため大事な事であることよな、などと説教臭い言葉を枕に今日は筆を置く事にしよう。

入団者1名確保

やぁ、友よ。今日も元気でぷそっているかな?
今月は経験値の大盤振る舞いや、モンハンコラボのイベントもあって、さぞ有意義なぷそライフを送って居ることと思う。

実はウチの2人目のキャラが、一日100万経験値の恩恵で目出度く一次カンストLv75まで行った。
喜ばしいのだが、今後さらなるレベル上げを行う際、★13ランクの武器を35まで成長させないといけない事を考えると頭とメセタが痛い。
兎にも角にも稼がねば。

それはさておき、我がチームに一人の有能なアークスをスカウトすることが出来た。
許可を得て居ないので、名前は明かせないが、スカウトに喜んで応じてくれ、すぐさまフレンド登録を要請してきた、積極的な人材だ。
これからも目ぼしい人物には声をかけて見ようかと思っている。

ところでPSO2には入団希望者リストをピックアップしてくれる機能があるが、なんと自己主張の少ないアークスの多いことか。
メッセージ欄に何かしら書いてある人物には、数チームからすでに誘いがかかっており、スカウトは難しい。
その一方で、何も書いていないアークスは一体チームに何を求めているのか、分からないので下手な人材入れて騒ぎにでもなったら、と思うと声をかけることがはばかれる。

もし貴殿がまだチームに属さず、良いチームからスカウトされたいのなら、メッセージ欄になにかしら書いて置いたほうが良い。
何、そう難しく考える事は無い「チームに入れてください」の一言でも、結構な数のチームがスカウトに来てくれる。
無論我がチームもな。

では今宵はこれで筆を置くことにしよう。良いプレイを。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
PSO2公式サイト
PSO2_200x200_応援バナー01
ギャラリー
  • ssは楽し
  • ssは楽し
  • ssは楽し
  • ssは楽し
  • 男の娘が居なくなる日!?
タグクラウド
アーカイブ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
RSS
  • ライブドアブログ