やぁ、友よ。はじめまして。
我の名は「ルーン・ヴァゴル」。
諸姉諸兄は「指輪物語」等のハイファンタジー小説を描き出してきた、J.R.R.トールキンという御仁をご存知だろうか?
我の名は言語学者であったかの氏が独自に作り上げた「エルフ語」の内、「シンダール語」という言語で「青の剣士」を意味する単語から命名されている。詳しくはこの本を参照して欲しい。


まぁ、我の事はさておき。このブログでは私がオンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」通称「PSO2」内に立ち上げたチーム「孤狼会(ころうかい)」について語ろうと思う。

「孤狼会」は最初、ネット上の友人とPSO2を楽しもうと、今まで居たチームから離れて作ったのが始まりだった。まぁ、見切り発車だったのは否定しない。「PSO2」は楽しいゲームなので食いついてくれるものと思っていたのだ。
だが、友人達はすでに夢中になっているゲームがあったので、それは叶わなかった。
そこでチームを一旦解散しようかとも考えたのだが、私がそもそも自分のペースで遊ぶソロプレイヤーだったので、そういったプレイヤーや初心者支援のチームにしようと志してこのチームを作ったというわけである。
……まぁ、ネット仲間がいつ来ても良いようにチームポイント(TP)を費やしたのが勿体なかった、とい言う即物的面があったことも否定はしないが。

そういうわけで、今後は活動記録としてこのブログを更新して行きたいと思う。
皆よろしく頼む。
なお「孤狼会」はship8ウィンに存在している。
願わくば同好の士が集まらんことを願って、今日は筆を置くことにしよう。